学校沿革

明治・大正

明治 32年 4月 1日 今帰仁間切、兼次村北屋敷59番地にあった今帰仁小学校が、同間切「謝名」村に新築移転と同時に、そのまま校舎を引き継ぎ、兼次尋常小学校を創立した。(校地面積:620坪)
学区域は、今帰仁村、親泊村、兼次村、諸喜田、志慶間村の五村であった。
初代校長「矢野親則」氏(鹿児島県出身)任命、職員は校長含めて4名、生徒在籍100名内外
明治 41年  3月31日 町村制施行により、今帰仁間切を今帰仁に改め、従来の村(むら)を字に改称する。
義務教育年限を尋常4年から6年に延長
大正 8年 4月 1日 高等科を併置、校名を「兼次尋常高等小学校」と改称する。


昭和・平成

昭和 16年 4月 1日 国民学校令公布、校名を「兼次国民学校」と改称する。
昭和 20年 4月 2日 第2次世界大戦の戦禍を受け、4教室を残して校舎はほとんど消失す、校舎喪失と米軍の上陸により、
住民は非難し、教育は一時中止される。
昭和 23年 4月 1日 6・3・3教育制施行、初等学校6ヵ年、中等学校3ヵ年とし9ヵ年義務教育となる中等学校を初等学校に併置。
昭和 47年 4月 1日 兼次小・中学校併置を廃し、兼次小学校・兼次中学校として各々分離独立する。
昭和 50年 3月31日 体育館竣工(小・中学校共用 面積:1,138平方米)

特別教室竣工(2階建 面積:476平方米)

昭和 53年 3月14日
10月 8日
図書館棟校舎竣工(1階は普通教室)

新校旗樹立式

昭和 54年 3月 3日 視聴覚教室棟竣工(1階は普通教室)


平成 2年11月15日 第40回全国学校保健大会(那覇大会)で文部大臣賞を受賞した。
平成 8年 5月23日 兼次小学校創立100周年記念事業期成会総会を開催した。
平成 9年 7月28日
10月 7日
11月      
沖縄県警より交通安全優良校として表彰された

体育館建設のための起工式が行われた

運動場の新設工事が始まる

平成 10年 3月23日
3月25日
10月 2日
 
体育館完成
運動場完成
特別教室起工式(理科室・音楽室・家庭科室・コンピューター室)
平成 11年 3月23日
9月10日
特別教室完成
管理棟並びに普通教室起工
平成 12年 2月 9日
2月20日
11月20日
完成(管理等・普通教室3、教育相談室)
創立100周年記念式典・祝賀会
創立100周年記念誌発行
平成 13年 1月21日

1月27日
 

フラワーフェスタ2001県民一鉢運動:花のメッセージコンテスト学校部門:最優秀賞獲得

全沖縄児童生徒書き初め展:学校賞獲得(入賞児童数52名)

平成 14年 2月11日

7月 5日

9月29日

フラワーフェスタ2002県民一鉢運動:花のメッセージコンテスト学校部門:最優秀賞獲得

文部科学省・今帰仁村教育委員会より平成14・15年度「児童生徒の心に響く道徳教育推進校」の指定を受ける

兼次中廃校記念兼次小中学校合同運動会開催

平成 16年 2月5,6日

5月      
 

平成15年度道徳教育研究推進協議会で本校の研究発表(東京)

図書室、保健室、給食室、多目的教室、普通教室、起工式

平成 17年 3月13日 「図書室、保健室、給食室、多目的教室、普通教室落成式典、祝賀会」開催
平成 18年 1月17日 百周年記念事業特別基金を活用した校舎周辺の整備作業を終える